ホーム » 未分類 » 不用品の処分に困ってる場合

不用品の処分に困ってる場合

同じ家に長年住んでいると、どうしても居住空間が劣化してきますよね。日々使う部屋の壁や出入り口、床などがどんどん傷つきますが、それ以外にもモノが増えたり、整理できてなかったり、掃除が行き届いてなかったりしがちです。断捨離が流行ったり、ミニマリストが流行ったりしていますが、実は多くの家で不要なものを溜め込んでいるが故に居住空間が狭くなっている、というのは事実のようです。一昔前なら、風水的に家に不要なものを溜め込まないほうがいい、という趣旨でゴミの処分、ものを減らすことが推奨されていましたが、現在では風水というより、生活の質を向上させるための手段として一般的に定着してきたようです。

しかし、しかしです。

ものを自分で捨てるのがニガテって人、多いみたいです。何故か。それは、自分でお金を払って購入したものは、自分では捨てにくいてという傾向にあるからのようです。必要かどうかでなく、お金をいくら払ったかで、家に留めるかどうかの意思決定がされがちのようです。このような場合におすすめできるのが不用品回収の専門業者を頼むことです。なぜプロに頼むのがおすすめかと言えば、一つには、プロのスピーディーな作業、一つには、お金を払えば搬出から処分までやってくれる、というメリットがありますが、実は最も大きいのは、あなたが愛着を持っているモノにまったく無関心である点です。無関心が故に、無感情で不要品の処分をやってくれるんです。

 
相模原市の不用品回収、粗大ゴミ処分 – 生活ハック
http://www.babbacombe.nl/?p=111

2017年8月22日 – 神奈川県相模原市での不用品処分を行う業者一覧業者名相模原市不用品回収 なら アールイー・クレストエージェンシー郵便番号所在地神奈川県相模原市中央区田名 1872−1営業時間9時00分~19時00分電話042-764-…

 

プロの業者に頼めば、たった数時間で家がすっかりきれいになります。オプションで掃除も頼むことが可能なので、一気にスッキリとした居住空間にすることも可能です。

断捨離 – Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/断捨離
断捨離(だんしゃり)とは、不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想であり、 やましたひでこ(山下英子)の著書において発表された。「断捨離」「クラター コンサルタント」は山下の登録商標である。

断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

断:入ってくるいらない物を断つ。
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
離:物への執着から離れる。

として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは一線を引く。

著者であるやましたひでこ自身も、物を溜め込む母親に対して毒親視するような感情が、断捨離を行うことによって改善したと語っている[3][4][5][6]。また、著書群の説明において、以下のように語っている。

「日本では伝統的に「もったいない」という観念・考え方があるが(これはこれでひとつの考え方・価値観ではあるが)、この考え方が行き過ぎると物を捨てることができなくなり、やがてすでに使わなくなったモノ・将来も使うはずがないモノなどが家・部屋の中に次第に増えてゆき、やがては自分が快適に居るための空間までが圧迫され、狭くなり、また人は膨大なモノを扱うのに日々 膨大な時間や気力を奪われるようになってしまい、知らず知らずのうちに大きな重荷となっていて心身の健康を害するほどになってしまう。」

後に様々な著者によって、断捨離を扱った本が出版されるようになった。自分と物との関係だけでなく、仕事[7]と人間関係にも断捨離を実践することをすすめる書物[8][9]も出版されるようになった。断捨離は、「断・捨・離」として2010年の流行語にも選ばれ、近年では断捨離を実践する人を「ミニマリスト」と呼ぶことがあるが、著者のやましたひでこ自身は、断捨離とミニマリストを明確に区別している[10]。